ホーム>お葬式の流れ

お葬式の流れ

1.ご臨終

病院でなくなった場合

ご臨終

死亡診断書をもらいます。(死亡届火葬の申請に必要な書類)

故人様の着替えをご準備下さい。

家族、親戚に連絡、その他の関係者には通夜、葬儀の日程が決まり次第連絡をします。

ご自宅でなくなった場合

往診してもらっている医者がいれば来て頂き死亡診断書をもらいます。

医者の診断を受けていない場合は警察に連絡し検視を受け死体検案書を医者からもらい警察で検視済印をもらいます。
この時は警察の指示があるまで遺体を移動してはいけません。

 

次へ

2.ご遺体の搬送(以下弊社がサポートします)

病院で亡くなった場合弊社にご連絡下さい。

24時間365日受付 0120-72-0801

 

お迎えの時間をご指定下さい。寝台車でご指定の病院にお迎えに参ります。搬送先を事前に決めておいて下さい。
弊社の担当者がご遺体の安置、葬儀に関する事を親身にサポートします。

 

次へ

3.葬儀の準備

葬儀の準備

葬儀の内容について打ち合わせをします。

弊社担当者と相談の上、祭壇、供花、粗供養品や車の手配、遺影写真、通夜、葬儀に必要な料理手配をします。

お寺様に連絡

枕経、葬儀の依頼をします。
通夜や、葬儀の日程の打ち合わせをします。葬儀を務める僧侶の人数を決めます。

葬儀内容の決定

喪主

故人と最も血縁の濃い人がなります。

葬儀の規模

故人の地位、格式、参列人数により葬儀の内容、規模を決定します。

日時

親戚、お寺様、弊社担当者と協議し通夜、葬儀の日時を決定します。

式場の場所

自宅、お寺、集会所、葬儀会館などの場所を決めます。

関係者への連絡

日時、場所が決まれば親類、友人に連絡します。親しかった人には直ちに知らせます。

会社関係は、上司など中心となって伝達してもらえる人に知らせます。
近隣への連絡は、町会長を通じて行なうと良いでしょう。

納棺

ご遺体を弊社担当者がご納棺します。故人様が生前愛用した品物を一緒に入れます。
※火葬の都合燃えにくい物は避けてください。

式場の設営・受付の準備

故人様の祭壇を飾り付け、供花、供物を並べ、受付を設けます。

 

次へ

4.お通夜

お寺様のお迎え

お寺様をお迎えします。控え室にご案内、茶菓子でおもてなし、着替えをしてもらいます。

通夜ぶるまい

弔問に対する返礼と供養の意味も込めて行なうのが通夜ぶるまいです。
※家族葬の場合省略可

 

次へ

5.葬儀・告別式

葬儀・告別式

葬儀・告別式
  • お寺様入場
  • 開式の辞
  • 読経
  • 弔辞、弔電拝読…※家族葬の場合省略
  • 喪主、遺族、親族焼香
  • 代表焼香、一般焼香…※家族葬の場合省略
  • 読経終了
  • お寺様退席
  • 喪主の会葬お礼の挨拶 ※家族葬の場合省略、※弊社司会者が代弁します。

 火葬

火葬場で読経を頂きます。読経が始まりましたら喪主以下親族随意焼香をします。

精進落し

お食事を召上って頂きます。

遺族、親族、親しい方で、ご集骨までのお時間で料理を頂きます。
※地域によって異なります。

お骨上げ

お骨をひらいに行きます。火葬場職員の方が説明をして頂きながらお骨を拾ってくれます。
※重要な部分のみです。

遺族、親族の方でお箸でお骨を骨箱に収めて頂きます。

初七日(初七日法要)

亡くなった日の1日前から数え七日目の日にします。
※最近では、お骨上げの後でおこないます。
※地域の習慣、宗派によって異なります。あくまでも参考です。

ページ上部へ